スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任田(代表)がJICAで講演しました

2012/2/18

foodbank isikawa 代表の任田が、JICA"国際協力フォーラム"で講演をしました。

ポスターを見ることができます。
スポンサーサイト

第3回シンポジュウムの開催のご案内

 フードバンクいしかわでは、私たちの活動を知っていただくために、定期的にシンポジウムを開催しています。
 第3回はフードバンクいしかわの支援企業であるスギヨ半澤咲子様JGAP指導員 野菜ソムリエ)をお迎えし、スギヨ様の企業の取り組みについてご講演いただきます。半澤様はスギヨファームの農場長としてキャベツ、人参、玉ねぎ等を栽培されており、企業としての農業参入について現場からのお話をお伺いします。

日時  2011年11月29日(火) 午前10:00~12:00
場所  野々市市役所内「情報交流館カメリア」2階ホール
参加費 無料
内容  1)企業の農業参入~株式会社スギヨの取り組み~
    2)フードバンクいしかわの活動報告

hanzawa_sakiko.jpg
スギヨ 半澤咲子様

第2回フードバンクいしかわシンポジウム開催

平成23年8月27日(土)野々市カメリアにて第2回シンポジウムしました。
日頃、フードバンクいしかわの活動に協力してくださっている「四十萬谷本舗」の四十万谷正久社長をお招きし、企業の取り組みや、企業の理念等を講演していただきました。

P8270188_convert_20110920111217_convert_20110920111734.jpg

P8270189_convert_20110920112058.jpg

参加して下さった方々にアンケートをお願いしました。
回答の中から感想を紹介します。
・フードバンクの活動をこの講演をきっかけに知り嬉しく思いました。これからの発展を望みます。(60代男性)
・石川県の食料自給率の低さには驚きました。今後が心配になりました。(60代女性)
・とても良い講演会でした。四十万谷社長の人柄が偲ばれます。(50代女性)
 
他にもたくさんの感想の回答を頂きました。ありがとうございました。

11月には第3回のシンポジウムの開催を予定しています。
皆様の参加をお待ちしています。
詳細が決定しましたら、お知らせします。

懇親会です

シンポジュームの後に、懇親会を開催しました
懇親会情景


いつものまじめな表情が崩れて、忌憚のない意見が飛び交いました
いいことです

懇親会情景

多額の会費を頂いている企業会員のテックさんも出席してくださっています
いつもフードバンク活動にご理解を頂きありがとうございます

福島にひまわりの種を送ろうとの話で盛り上がりました

ひまわりに放射能が吸い込まれ、土壌から放射能が取り除かれます。
しかし放射能は蓄積され、そのあとの処理もあります。
もう一度会員で話し合う必要があるようです

シンポジューム開催しました

第一回フードバンクいしかわ シンポジューム
「食品廃棄物の実態について」
  高月 紘 氏(たかつき ひろし)
   石川県立大学教授(生物資源工学研究所)
   京都市環境保全センター(京エコロジーセンター)館長


  高月教授の講演     高月教授の講演風景
家庭から出る食品ごみのうち、40%が食べ残し、22%が手つかずの状態で捨てられている。

最近の傾向として、生野菜が減り、加工食品の割合が多くなった。

台所のゴミは減っているが、手つかずのゴミは増えている。

現在の日本では4000万人分の食料を無駄に供給し、廃棄している。

2000年の穀物自給率28%。日本で廃棄される残飯が11兆円、日本の農水産業の総生産額が12兆円でほぼ同額。

日本国内で作った食べ物のと同じ分だけ、廃棄している。

エコロジーの観点から考えると、食べ物よりも容器の方がエネルギーを無駄に使っている場合がある。

旬を外した野菜(冬のトマト、キューリなど)はビニルハウスの石油などで旬の10倍のエネルギーを使っている。

地産地消、旬で省エネが可能となる。



「フードバンクと日本の貧困」 
  本岡 敏郎 氏(もとおか としろう)
   NPO法人 セカンドハーベスト名古屋 理事長

本岡俊朗氏講演 セカンドハーベスト名古屋 本岡俊朗氏講演 セカンドハーベスト名古屋
フードバンク名古屋では、東海3県を活動基盤としており、年間90トンの取り扱いがある。

提供いただく団体は39社、配布する団体は69団体ある。

フードバンクでは、配る先を探す方が食材を集めるより難しいが、外国人労働者が多い地域であり、配る先には困
っていない。

加工食品以外にも、最近では青果市場にも週2回行き、規格外の野菜をもらって配布したり、炊き出しの材料としている。

日本人は、役所も含めて食料を提供することをなかなかみとめてもらえないが、外国人はいつでもウェルカムである。

今後は、高齢者や在宅生活困窮者に食の提供を通じて心のケアをしたいと考えている。

高橋陽佑(たかはし ようすけ)氏  NPO法人 ふうどばんく東北 AGAIN 理事長
からのメッセージを代読する代表 任田

任田による仙台ふーどばんく高橋氏のメッセージ代読
ふーどばんくAGAIN東北 高橋陽佑氏のメッセージ


活動報告 (津田)
津田の活動報告



すばらしい感想を言って頂き、ありがとうございます
すばらしい感想を言って頂きました



フードバンクとやま川口氏のあいさつ
フードバンクとやま川口氏

H23.3.26





| NEXT≫

プロフィール

foodbank

Author:foodbank
もったいないを
ありがたいに

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
捨てられる食料
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

外国のフードバンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。